おすすめの脱毛方法について

8be09fc1007825a7962a5d6b5a70a719_sこのサイトでは脱毛でおすすめのサロン、クリニック、自分で脱毛する方法などについて紹介しています。特定のサロンやクリニックを紹介することもありますし、サロンとかクリニックという業種そのものについても解説しています。また、各種の脱毛の方法やメカニズムなども解説していきます。

こうして総合的に脱毛に関する情報を紹介することで、より正確に私のおすすめの情報を理解していただけたらとい思います。まずはじめに、エステサロンとクリニックのどちらで脱毛するのがいいのか、両方の一長一短を紹介します。

脱毛サロンで脱毛するメリット、デメリット

脱毛サロンのメリットはまず、料金が安いということです。クリニックのように大規模な建物を構えなくていいので当然でしょう。また小規模でも運営できる分、あちこちに店舗があります。

安さについていうと、キャンペーンをやっているサロンであればワキの脱毛は1000円以下でできてしまうこともあります。そんなに安くて大丈夫なのかと心配になってしまうくらいですが、それでどんどん店舗数が増えているので大丈夫なのでしょう。

また、店舗数が多いチェーン店のサロンであれば、たとえば転勤などで引っ越した後も、同じチェーンの近くの店舗に切り替えて引き続き施術を受けることができます。この点も脱毛サロンで脱毛をする大きなメリットということができるでしょう。。

逆にデメリットは、サロンでしてくれるフラッシュ脱毛、光脱毛はクリニックのレーザー脱毛に比べてやや出力が弱いことです。そのため、産毛などをうまく処理できないことがあり、永久脱毛をしようと思うとクリニックの方が有利ということが多いです。

クリニックのメリットとデメリット

クリニックのメリットはまず、レーザー脱毛の出力が非常に高いことです。専門の医師が行ってくれるため腕も確かですし、出力が高いということで、サロンの脱毛技術では脱毛できないような産毛などの毛でもきれいに脱毛することができます。なので、より確実に永久脱毛、完全脱毛ができるのはクリニックだといえます。

デメリットはやはり料金が高いことです。腕が確かで装置も一流である分やはり値段が価格なるのは仕方がないことで、店舗もあちこちにはありません。なので通いづらいというのはサロンと比べた時のデメリットと言えるでしょう。

ムダ毛を自分で処理するのは限界がある4c74247b519479851a7fa25e3de8fb2c_s

何でも自己流には限界があるものですが、特にムダ毛の自己処理は限界があります。それは技術的な話もありますし範囲的な話もあります。

技術的なことでいうなら、たとえばクリニックが使うような高出力のレーザー脱毛を個人ではすることができません。一応家庭用脱毛器でもレーザー脱毛をできるマシンはありますが、出力はクリニックの装置とは全く異なるものです。フラッシュ脱毛でもそれは同じで家庭用脱毛器のこれらはサロンやクリニックの性能には及ばないというのが正直なところです。

範囲的なことでいうなら、軟体芸ができるくらい体のやわらかい人でなければ、物理的に自分の手が届かない部分が多くあります。背中などは誰かにやってもらうというのも手かもしれませんが、どうしてもやってもらうのが無理な場所もあります。たとえばお尻周りのOラインなどですが、このような部分をさすがに人にやってもらうわけにはいかないでしょう。

となると、どんなに自己処理をきわめる人であっても、これらの部分だけは脱毛サロンかクリニックに行かざるを得ないということになります。なので、自己処理の達人と言えるような人でも、本当に脱毛をしっかりしようと思ったら、最後は脱毛サロンに行かざるを得ないのです。

永久脱毛、完全脱毛は自己流では難しい

永久脱毛や完全脱毛をするには、産毛のような細い毛でもしっかりと脱毛する必要があります。しかしこのような毛を脱毛するには、高出力のレーザーやフラッシュが必要になります。そのような高出力の家庭用脱毛器というのは、今のところ市販されていません。

市販されている家庭用脱毛器で高出力をうたっているものは、あくまで家庭用脱毛器としては高出力というだけであり、クリニックなどの機械に比べたらどうしても劣るのです。それは当たり前です。サイズも全然違いますし、扱うのが素人である以上、高出力のマシンを与えたら危険なのです。消費者の安全性を考えても、あまり高出力のものは渡せないというのは、メーカーや国の側の配慮といってもいいくらいです。

このように、技術や装置の面で考えても、やはり自己流の脱毛には限界があるのです。費用のことを考えて自己処理で、という人でも、それにかかる時間などを考えたらサロンやクリニックで施術を受けてもそう変わらないと言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>